モール型ECと自社ECの違い

image beginner 001 01

ECサイトを始めようとした時、立ち上げ方は大きく分けて「モール型EC」と「自社EC」2つの方法があります。
それぞれ大きなメリット・デメリットがありますので、ECサイトを開設するうえでは、その違いを把握し、取り扱う商品や運営スタイルに適した選択をすることをおすすめします。

モール型ECの特徴

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、誰もが一度は聞いたことがあるショッピングモールにあなたの商品やお店を出品・出店する運営方法です。

メリット

  • 知名度・信頼性が高い

  • 集客力が高い

  • ECサイトの知識がなくても始められる

知名度・信頼性が高い

インターネットを用いて買い物をする特性上、多くのECサイトでは個人情報を登録することが必須となります。近年は個人情報の漏洩などが重要視されていますが、あなたが利用者としてECサイトを利用するのであれば、やはりセキュリティに信頼がおける安心・安全なECサイトのほうが望ましいですよね。
あなたと同じように他の利用者もいくら魅力的な商品が出品されていたとしても、ECサイトの信頼性が低ければ、利用することはないでしょう。
Amazonを始めとする大手のECサイトでは、その知名度から既に多くの利用者から信頼を寄せられています。その信頼があるからこそ、利用者はあなたの店舗にも同様の信頼をおいて利用してくれるはずです。

集客力が高い

モールには様々な商品を取り扱っているため、さまざまな商品を求めて普段から多くの人が集まります。さらにモール側がキャンペーンを行う場合、テレビやバナー広告などのメディアを使って大々的に集客を行うため、あなたが広告費を使う必要がほとんどありません。そのためサイトを立ち上げたばかりで顧客がいない場合や、広告にかけられる資金が少なく集客に自信がない場合は、力強い味方になってくれるに違いありません。

ECサイトの知識がなくても始められる

人によってはこれが一番大きなメリットかもしれません。
登録や出品が非常に簡単で手間がほとんどかかりません。出品・出店するモールよって異なりますが、商品の発送もモール側のサービスの一つになっているなんてこともあります。それゆえ、ECサイトの運営を経験してみたい人にとってはモール型がおすすめの場合が多いです。

デメリット

  • 費用がかかる

  • マーケティングが難しい

  • ブランディングに弱い

費用がかかる

後述する自社ECと比較した場合、手数料や出店料などで費用がかかることが多いです。その分使えるサービスも充実しているため、コストパフォーマンス的にはどうなのかという視点で考える必要がありますが、事業者としては頭を悩ませる問題になることは間違いないでしょう。

マーケティングが難しい

一般的に購入者の情報は、出店者のものではなくモール側のものとなっているため、出店したモールによっては、あなたのストアの利用者の情報があなたに伝わらないこともあります。ECサイトを良くするための利用者の情報がないことでマーケティングに苦労する場面が出てくるかもしれません。

ブランディングに弱い

利用者はAmazonや楽天市場のページを開いて、あなたのストアの商品を購入することになります。そのページを構成しているのはモールのイメージカラーやデザインであり、あなたのブランドのイメージではありません。
そうなると利用者の多くは「Amazonや楽天市場で商品を買った」という印象が強く残り、「あなたのブランドの商品を買った」という印象は残りづらくなるでしょう。それによって、当然利用者がリピーターとなってあなたのストアにまた来てくれる可能性も低くなってきます。

自社ECの特徴

独自のドメインを取得して、事業者が主体的にECサイトの運営を行う運営方法です。

メリット

  • ブランディングに強い

  • 利益率が高い

  • マーケティングが行いやすい

ブランディングに強い

ECサイト自体のデザインや、載せている商品の見せ方など、全てあなたがイメージするデザインに仕立て上げることができます。独自のサービスを設けることも可能で、ポイント還元の機能や送料無料などのサービスも付加することもできますので、リピーターを確保しやすいことが一番のメリットと言えるでしょう。

利益率が高い

モールに出品するときとは違い、出店料や売上にかかる手数料などが取られる心配はありません。また他の事業者と同じ商品を出品していた場合でも、サービスで差別化をすることで商品の値下げしていくような価格競争が発生しづらくなります。

マーケティングが行いやすい

あなたのECサイトに訪れた利用者のデータを自由に収集することができます。アクセス数であれば「どのページの閲覧回数が多いのか」「どの導線からストアに人が来ているのか」など、あなたのECサイトの利用率を上げるための情報が詰め込まれています。そのデータを活かして利用者の満足度をあげていくことが売上の向上に繋がるきっかけになるでしょう。

デメリット

  • 集客力が弱い

  • 事業担当者の能力に左右される

集客力が弱い

立ち上げてすぐに出品した商品であっても、すぐに利用者の目につくようになっているモールと違い、既に顧客を抱えている状態でもない限り、広告やSEO対策を行わないことには利用者が増えることはありません。利用者が増えることがなければ、あなたがいくら洗練されたデザインのECサイトを立ち上げたとしても誰も立ち寄ってはくれないでしょう。
この問題は自社ECで始めるたときの一番の障害といっても過言ではありません。
広告やSEO対策は費用をかけることで解決する問題ではありますが、必要以上の費用をかけた結果、「モールで出品していたほうがよかった」なんてことにならないように注意する必要があります。

事業担当者の能力に左右される

ECサイトの成功は商品の魅力だけで成り立つことはありません。
誰もが欲しがる商品を取り扱っていたとしても、マーケティング技術がなければ、利用者はその商品の存在に気づくことはないでしょう。また、利用者があなたのECサイトを訪れたとしても、使いづらいと思われるようなサイトデザインになっていれば、他のサイトで購入してしまうかもしれません。そういったスキルが担当者には求められてきますので、長期的なビジョンを持って、人材育成をしていく必要がある事業であることを忘れないようにしましょう。

(STEP1/6)